不動産担保ローンの仕組み

ファクタリングと並んで、急場の資金調達方法として選択肢となるものに、不動産担保ローンがあります。

所有している土地や建物(マンション、アパート、ビル、戸建住宅)を、担保に設定し、不動産の評価額に応じた融資が受けられるものです。

担保設定=抵当権の設定

不動産担保ローンでは、お手持ちの不動産に対して抵当権を設定するのが基本です。つまり、担保設定=抵当権の設定ということになります。

抵当権は第一位や第二位などの順位が存在し、順位の高さ=債権者の権利の高さと考えても良いかもしれません。

そのため、抵当権の順位によっては、不動産担保ローンが成立しない可能性もあります。何故ならば、抵当権の順位は、融資金額の返済が滞った際の、回収の優先順位となるためです。

仮に抵当権第一位の債権者によって、競売や任意売却後の金額が、第一位の債権者が融資した金額を上回った場合、第二位の債権者は回収ができません。

あくまでも、金融会社が回収ができることを踏まえた上での融資であることを忘れてはなりません。

住宅ローンとの相違点

マンションや戸建住宅の購入の際、銀行などの金融機関にて住宅ローンを組むケースがあります。

住宅ローンでは、借り入れをする方の年収や職業などの審査が行われる他、購入予定の不動産への抵当権の設定がセットです。住宅ローンの場合、不動産の購入資金以外の用途は認められません。

一方、同じく抵当権を設定する不動産担保ローンは、融資後の資金の使用用途は自由です。設備投資や法人税などの納付、お子さんの教育資金や海外旅行の旅行資金など、借入者にすべて任されています。