不動産担保ローンに潜む2つのデメリット

不動産担保ローンのメリットとして、「高額な融資金額」と「長期間の返済期間」、そして「金利が比較的低めである」点があげられます。

特に融資金額が100万円から数億円というところは、とても魅力的に映るかもしれません。返済期間が長めに設定できるのも、月々の返済の負担を緩和することにつながるでしょう。

ここでは、不動産担保ローンに潜む、2つのデメリットを紹介します。

担保に設定した不動産を失うリスク

不動産担保ローンの一番のデメリットは、返済が滞った場合に、担保に設定した不動産を失うリスクです。複数の不動産を所有している方ならともかく、戸建住宅やマンションなどの、居住空間がなくなるのは厳しいのではないでしょうか。

不動産担保ローンの高額な融資金額は、返済不能に陥った際にも、担保に設定した不動産の売却(競売や任意売却)によって、回収できる目安が存在することで、成立しています。

金融会社によっては低金利とは言えない

不動産担保ローンを銀行系の金融会社で利用する場合には、金利年3%台からの商品が選択できる可能性があります。

一方で、急場の資金調達方法として、不動産担保ローンを選ぶ際には、金利年15%ほどの金融会社や商品が対象にならざるを得ません。

金利年15%は、利息制限法で定められた、100万円以上の融資の際の上限金利です。
複利運用した場合、4.8年で100万円が200万円になる金利でもあります。

余談ですが、クレジットカードのリボルビング払いの金利も年15%です。カードの種類によっては、年18%のリボ払いも存在します。