不動産担保ローンと比較したファクタリングの2つのメリット

ファクタリングと不動産担保ローンのどちらを選べば良いのだろう?と、迷われる事業者の方もいるかもしれません。

どちらも短期間で、早急に資金を調達できる点において、長けていると言えるでしょう。

ここでは、不動産担保ローンと比較したファクタリングの2つのメリットを紹介していきます。

最短即日~3営業日後に現金化の可能性

ファクタリング取引のうち、2社間ファクタリングを選択した場合、最短即日から3営業日後に現金化の可能性が生まれます。

2社間ファクタリングは、売掛先企業への承諾を得る作業や、債権譲渡登記などの手続きを経ることなく、申込者の企業とファクタリング会社のみで進行するため、早期の現金化が実現可能です。

一方、不動産担保ローンで、最短即日から1週間程にて融資実行を受け付けているのは、金利年15%などの高金利の金融会社となります。

不動産が売却されない

不動産担保ローンは、土地や建物などの不動産を担保として、抵当権を設定することで、融資が実行されます。

融資金額が100万円から億単位と高額な分、返済期間も5年から20年と、長期に渡るのも特徴と言えるでしょう。仮に返済が滞った場合、担保の不動産が売却されることも考えられます。

ファクタリングでは、2社間ファクタリングのように、売掛債権の回収がセットになるケースもありますが、売掛金が回収不能に陥った際にも、不動産が売却されることは少ないと思われます。

3社間ファクタリングであれば、売掛金の回収業務を、ファクタリング会社に移行することが可能です。