不動産担保ローンで得られる3つのメリット

ファクタリングと同様、不動産担保ローンは、急場の資金調達に選ばれるケースが少なくありません。

どちらも早ければ、申し込みの即日から3営業日後を目安として、現金化できる点が共通しています。

ここでは、不動産担保ローンで得られる3つのメリットを紹介していきましょう。

高額な融資金額

不動産担保ローンは、100万円から数億円の融資が受けられる可能性のある金融商品です。文字通り不動産を担保にできることが、高額な融資金額の源となります。

もっとも数億円の融資では、不動産の評価額も相応の金額となるため、立地条件や築年数なども加味されるのは言うまでもありません。もちろん返済能力も問われるでしょう。

長期間の返済期間

不動産担保ローンでは、返済期間が長期間に渡るのも特徴のひとつです。5年から10年、長いものになると20年や25年以上の返済期間も見受けられます。融資金額が高額であることが、長期間の返済期間を設けざるを得ない理由なのかもしれません。

金利が比較的低めである(ただし金融会社による)

不動産担保ローンの金利は比較的低めである点も、メリットに含まれるでしょう。

とはいえ、金融会社や不動産担保ローンの商品にもよるため、必ずしも低金利とは言えません。

低金利の不動産担保ローンを利用したい方は、銀行系が無難でしょう。金利年3%台から用意されています。申し込みから融資までの期間は、1ヶ月程度が目安です。

ただし急場の資金調達として、不動産担保ローンを検討した場合、金利年15%ほどの金融会社も視野に入れる必要があります。